現役生のための大学受験おすすめ塾navi

大学受験を効率よく成功させる、スゴ腕の塾を探せ!

現役合格を目指すなら
自分のペースや学力に合った勉強ができる
個別指導おすすめ

大学を受験するにあたって、独力で志望校に現役合格できるのはほんの一握りの人だけ。多くの人は塾や予備校などを利用し、受験対策をしていることでしょう。
数多くある予備校や塾のうち、本当に現役合格を目指すのであれば、自分の学力や勉強のペースに合わせた指導をしてくれる、個別指導塾が最もおすすめです。

学力に合わせた個別指導+反復・集中学習に最適な映像授業=合格

個々の学力に合わせた個別指導に加えて、優秀なプロ講師が行う授業の映像を使って、学習を進める「映像授業」が現役合格をより引き寄せる近道です。
内容の巻き戻し(反復)や早送り(効率化)が可能で、PCだけでなくスマホやタブレットからの視聴も可能。自分のペースで効果的な学習が可能になります。「効果はあるの?」、「サボりやすいのでは?」という不安へのフォロー体制を整えている塾も多いので、ぜひチェックしてみてください。

映像授業を受けられる
個別指導の塾おすすめ3選

映像授業+個別指導スタイルの塾を受講費用例で比較

大学受験対策に有効な映像+個別指導塾を3つピックアップ。
それぞれ、高校2年生が年度末(3月)に入塾し、受験が終了する2月まで、1教科だけを受講した際の費用で比較しています。費用には模試や各講習費用も含まれており、講習費用については、受講できる最安のコースで試算しました。
また、各塾の口コミや強みについてもまとめています。

塾 アイコン
東進ハイスクール
東進ハイスクール キャプチャ
画像参照元:東進ハイスクール公式サイト
ディアロ
ディアロ キャプチャ
画像参照元:ディアロ公式サイト
東京個別指導学院
東京個別指導学院 キャプチャ
画像参照元:東京個別指導学院公式サイト
費用 アイコン
費用
35万5320円

費用内訳
●入会金:3万2400円
●担任指導費:3万2400円
●講座受講料:22万6800円
(単科3講座分)
●講習受講料:3万7800円(2回分)
●模試費:2万5920円

29万3760円

費用内訳
●入会金:3万2400円
●受講料:26万1360円(11ヶ月分)

50万148円

費用内訳
●入会金:0円
●月額設備費:2万196円(11ヶ月分)
●月額受講料:30万1752円(11ヶ月分)
●映像授業料:17万8200円(11ヶ月分)

強み アイコン
強み

TV番組にも出演している有名講師の映像授業中心だが、担任制を採用しており、定期的な面談を実施。

●実際の入試と同じレベル・形式・出題範囲で実施される、「東進模試」が評判。自分の実力を客観的に把握するのに役立つ。

●対話式トレーニングを採用しており、AO入試や就活にも役立つ「考えて発信する力」を身に付けられる。

●東大合格者を多く生み出しているZ会の映像コンテンツを、Z会会員よりも安く受講でき、さらに個別指導も受けられる

●マンツーマン、もしくは1:2での個別指導スタイル。自分に合った講師を選べるうえに、塾なのに家庭教師並みの対応をしてくれる。

30年の指導実績があり、進研ゼミのベネッセコーポレーションが運営している。

口コミ アイコン
口コミ
映像授業で繰り返し学習が実現

映像授業は繰り返し見ることができるので、理解が深まりました。また自分の予定に合う日時で面談をしてくれたので助かりました。

受験勉強の効率が飛躍的に向上

好きな時間に好きなだけ勉強できる映像授業は魅力的でした。1.2倍速で受講できたので、受験勉強の効率が飛躍的に向上しました。

映像授業は予習という位置づけ

映像授業で予習し、その後の対話式トレーニングで理解が深まるというシステムのおかげで、確かな学習習慣が身に着きました。

対話式トレーニングで能動学習

映像授業だけでは不安を感じてしまいますが、ディアロの場合は対話式トレーニングの機会があるので、能動的に学習できました。

個人に合わせたカリキュラム

私のレベルを把握したうえで、最適なカリキュラムを組んでくれました。勉強の進めやすい環境が整っている塾だと思います。

講師と教室長のWフォローが◎

パーテーションで区切られた教室で個別指導を受けるため、気が散らず内容に集中できます。教室長も気さくに相談に応じてくれます。

※注釈
※高校2年生(新3年生)が3月入塾・映像授業込で1教科を11ヶ月間(受験終了まで)受講した際の費用(模試・夏冬講習費込)
※受講する講習については、受講できる最安の物を選択

チェックしておきたいそのほかの塾・予備校リスト

明光義塾

全国に2000以上の直営/FC教室を展開する、個別指導塾の大手。「通常授業」のほかに、受験対策を行う「期別授業」も提供。

TOMAS

完全1対1の個別指導を実施。生徒の理解度をしっかりと確認しながら進めていく、90分授業を提供していますので、要注目。

個別教室のトライ

もともとは家庭教師派遣会社としてスタート。そのノウハウを活かすかたちで、2000年にスタートしたのが「個別教室のトライ」です。

河合塾マナビス

日本3大予備校のひとつとして、駿台・代ゼミに並ぶ実績を持つ河合塾が提供する、映像授業メインのコースが、マナビスです。

予備校

河合塾

北海道から沖縄まで、全国に校舎を展開。基本的には数十名~100名単位の集団授業を提供していますが、個別指導にも積極的です。

予備校

駿台予備校

実績と知名度の高い、日本三大予備校のひとつ。授業内容は基本的に、スタンダードな集団指導のみを提供しています。

予備校

代々木ゼミナール

日本の大手予備校として、河合塾、駿台予備校と並ぶ実績を誇っている代ゼミ。地域によっては、学生寮も完備していますよ。

予備校

四谷学院

「ダブル教育」を標榜している予備校。通常の集団授業にプラスして、細分化された内容の個別指導も提供しています。

予備校

市進予備校

関東に校舎を展開しています。「現役主義」を標榜している、頼りがいのある予備校のひとつとして、注目に値する存在です。

予備校

栄光ゼミナール ナビオ

小学生~高卒生までを受け入れている栄光ゼミナール。中でも「ナビオ」は、大学現役合格を目指す高校生向けの学習塾です。

塾・予備校の勉強方法をタイプ別で比較しました

「いざ受験勉強!」、高校卒業後の進路に大学進学を見据えた学生たちは、そう決意します。受験勉強の方法に正解はありません。
どんな勉強法を採択したのであれ、最終的に合格という目標を達成できればOKなのです。そこで代表的な受験勉強法を紹介し、それぞれのメリット・デメリットを考えていくことにしましょう。
個別指導塾

個別指導塾

講師によるマンツーマン指導と、塾の受験対策サポートが同時に適う、究極の指導形態が個別指導です。受講のカリキュラムはオーダーメイドも可能なので、弱点をしっかり克服できます。

予備校・集団塾

ひと昔前まで最もポピュラーだった予備校・集団塾。多数の合格者数を輩出しているため、現在も根強い人気があります。

少人数クラス

集団授業に比べ、細やかな指導とサポートが期待できる少人数制の指導。個別指導との違いや、メリット・デメリットをまとめました。

家庭教師

究極の学習法である、マンツーマン指導を実現できる方法のひとつが家庭教師。費用面や指導面のメリットとデメリットをまとめています。

通信教育

大学受験だけでなく、資格取得時の勉強方法として根強い人気がある通信教育。個別の添削という指導法には、集団塾にないメリットも存在しています。

独学

塾や予備校には通わず、高校の授業と参考書、過去問のみで大学受験に挑む独学。強い意志が要求されるこの方法で、目標達成は可能なのでしょうか?

映像授業

映像授業

近年、採用する塾や予備校が増えてきた映像授業。学習効果が本当にあるのか、また、この勉強方法が向いている人の特徴をまとめました。

現役合格に役立つ
受験ノウハウを
まるかじり

現役合格に役立つ受験ノウハウをまるかじり

現役合格を果たすために必要なノウハウを大特集。時間的にも費用的にも、大きな負担がかかる浪人生活は絶対に回避したい、という人はぜひチェックしてください。

塾・予備校選びで失敗しないためのチェックポイント

現役合格を達成するためには、通う塾や予備校を慎重に選ばなければいけません。生徒それぞれの弱点をしっかりと克服させ、合格へと導いてくれるかどうかなど、塾選びで失敗しないためのチェックポイントを押さえておきましょう。

大学入試の種類とその対策

大学受験の準備は、できるだけ早い段階から始めておきたいもの。高校3年生になったら、いよいよ本番に向けてのスケジュール調整となりますが、その前に大学受験にもいくつかの種類があることを知っておくべきでしょう。

やっておきたい!志望大学に合格する方法

志望校への現役合格を果たすためには、モチベーションを高め、計画的に学習を進めていく必要があります。いかに効率よく勉強し、入試に向けて準備していくのか。この準備が勝敗の分かれ目になります。

TOPへ戻る