費用

このページでは、大学受験をサポートする塾の費用について調査しています。

学力をアップさせるには資金が必要

大学受験に支障をきたさないためにも費用はしっかり考えておく

高校卒業後に大学進学を目指す方の数は徐々に増加しており、現在の大学等進学率は53.2%です。そのため大学の競争率も非常に高くなっていて、大学進学を目指す場合は予備校や塾で学力を高める必要があります。
しかし、予備校や塾で学習を行なう際には多額の資金が必要になるため、大学進学を目指す方は事前に塾や予備校の授業費用をチェックしておきましょう。

塾にかかる費用相場とは

予備校や塾を利用する際に生じる授業料の額は、それぞれの学校ごとに異なることが多いです。授業料は安いもので約20万円、高いものだと50万円程となっています。ただ、これらの金額は基本料金であり、夏期講習や冬期講習の授業料は別となっていることが多いです。
また個人指導塾で勉強を行なう場合は、一般の集団塾よりも多くの資金が必要になります。

志望大学・学部によって費用が変動することも

塾や予備校の授業料はそれぞれの学校ごとに異なりますが、受講する科目の数や種類によっても変動します。学習する科目の数が少なければ授業料は安くなりますし、逆に科目が増えれば授業料はその分高くなるので注意が必要です。
しかし、科目の数を減らすことは大学受験に悪影響を及ぼすので、塾や予備校を利用する際は講座の数を減らさないように注意しましょう。大学受験に必要なものは、受けることが大切なのです。

大学受験にかかる費用の内訳をチェック

塾以外にも発生する様々な費用

大学受験を行なう際は受験料だけでなく、入学費や交通費などのさまざまな費用が発生します。離れた地域に住んでいる方の場合は交通費なども発生するため、大学へ進学しようと考えている方はまず多額の資金を集めておかねばなりません。
国公立大学の場合は約147万円、私立大学の場合は約153万円程の費用が必要です。まずはきちんと資金の額や、費用内訳を確認しておきましょう。

大学受験の費用内訳

  • 願書の購入費用
    国公立大学やセンター試験の願書はほとんどが無料で、資金を支払うことなくそれぞれが希望する学校の願書を入手できます。しかし私立大学の場合は、はがきやインターネットで資料請求を行なわなければいけません。
    願書は一枚1000円程であり、受験する大学の数が多くなればその分必要な費用も増えてしまうので
    購入する際は気を付けましょう。
  • 各種受験料
    国公立大学の受験料は私立大学に比べて安く、1校当たりの受験料は3万5千円程です。しかし医歯薬系の学校は受験料が少し高くなるので、受験を申し込む際は多めに資金を用意しておきましょう。
    また、私立大学のセンター利用試験は他の試験に比べると安く設定されているため、受験料を安く抑えたい方に適しています。
  • 交通費や宿泊代
    地元から離れた場所の大学を受験する場合は、交通費や宿泊費を用意しなければなりません。自宅から大学までの距離によって交通費や宿泊費は変動するので、受験の際はホームーページで事前に費用のシミュレーションを行なっておくのがベストです。
    最近は地方試験を実施している大学が増えており、地方試験を活用することで交通費や宿泊費を削減することができます。
  • その他諸経費
    大学受験を行なう際は願書に貼り付ける写真の撮影、書類の郵送などの作業にも資金を消費します。一般的に大学受験の際は20万から50万円程の資金が必要になるため、大学受験を考えている方は早めに資金の準備を行なっておく必要があります。
    しかし、どうしても資金が不足してしまう場合は、教育ローンや奨学金の活用を考えてみましょう。

しっかりシミュレーションしておくことが大切

大学受験にかかる費用を事前にシミュレーションしておくことは、資金の削減につながります。センター試験を採用している大学に申し込みを行なえば、受験料を通常時より安くすることが可能です。
地方試験を実施している大学を選べば、受験の際に交通費や宿泊費を準備する必要はありません。ホームーページでさまざまな大学の情報を入念にチェックしておけば、それぞれが希望する大学受験をローコストで実施することができます。

大学受験対策でおすすめの個別指導塾の受講費を調査!

TOPへ戻る