正しい方法で勉強する

このページでは、大学受験の勉強法について考えています。

大学受験の勉強法

まず大前提として、高等学校での授業だけでは、現役合格を達成するのが難しくなってしまうものです。その理由は?

  • 高等学校の教師の授業は、受験合格をゴールとしているわけではない。
  • 塾や予備校は、大学受験の専門知識が豊富。傾向と対策が練りやすくなる。
  • 家庭での学習には誘惑も多く、受験勉強に集中しづらい場合が多い。

やはり効率の良い受験勉強で志望校に合格するためには、塾を活用するのが順当な選択と言えそうです。

>>塾や予備校を最大限に活用するために知っておきたいこと

スムーズな受験勉強のための準備

「現役合格を目指して、塾や予備校に入学する!」、そう決心したら、まず自分自身で始めたいことがあります。以下に確認していきましょう。

志望校を定める

「ただ何となく、大学に進学できれば…」という考えは、多くの高校生の本音かもしれません。

実際、社会には大学の専攻と全く異なる職種に就いている人も数多くいますが、将来へと繋がる大事な選択です。「入学後4年間、熱意を持って学べることは何なのか」、「卒業後に進みたい業界で、実践的に役立つ学問とは何なのか」など、ぜひ積極的に考え、目標校を絞り込みましょう。

いったん絞り込めたら、合格のための対策や、学習計画もスムーズに進めやすくなります。また受験に必要な科目もはっきりするので、無駄な科目に時間を割かずに済むようになります。合否の差は、すでにスタート時点から生まれていますよ!

自分自身の学力をしっかりと把握する

得意/苦手科目を正確に自覚し、さらに各科目ごとに「自分のレベルがどのくらいなのか」を把握しておくことも重要。近い学力の生徒に囲まれている高等学校内では、全国的に見て自分がどのあたりのレベルなのかを知る機会が、少なくなっています。

その点塾や予備校は、入学時にまずレベルチェックがあります。通学開始後も定期的に学力テストや模試などで、学習の成果を測ることができるでしょう。

高校の授業と自宅学習だけでは、井の中の蛙となり、現役合格のための正しい勉強法が身に付きにくくなります。年間を通して高いモチベーションを維持するために、塾や予備校へ入学しましょう。

数学を学ぶ際は正しい勉強法を身に付ける必要があります
数学は多くの方が苦手な科目としてあげる分野ですが、正しい勉強法を身に付けておけば楽に攻略することができます。数学で思うような点がとれない場合は、勉強法を変えることで順調に成績をアップさせていきましょう。
日本史を勉強する際は勉強法を一工夫する必要があります
日本史を勉強する際は教科書や参考書を丸暗記するのではなく、時代の流れに沿って順序良く知識を覚えていく必要があります。一つのキーワードと複数の知識をつなげて覚えることができれば、入試試験をより有利に進めることが可能です。
現代文を勉強する際は読解力を高めなければいけません
現代文は決まった勉強法が存在しないため、高い点数を取るのが非常に難しい科目と考えられがちです。しかし、現代文を理解するのに必要な読解力をしっかり身に付けておけば、現代文の成績は順調に伸ばしていくことができます。
リスニングで合格点をとりたい場合は英語の聞き取りを実施しましょう
英語のリスニングテストで高い点を取るには、いろいろな英語を聞き取ることがとても大切です。特にラジオの英会話講習は、リスニング力を高めるのにとても役立ちます。リスニングの成績を伸ばしたいと考えている方は活用しましょう。

TOPへ戻る