HOME/ 【タイプ別】大学受験の勉強方法メリット比較

【タイプ別】大学受験の勉強方法メリット比較

本カテゴリでは、代表的な大学受験勉強法を紹介し、そのメリット・デメリットを比較していきます。

「いざ受験勉強!」、高校卒業後の進路に大学進学を見据えた学生たちは、そう決意します。早い人では高校1年生の段階から学習計画を定めています。また高校1~2年生の時は部活動や交友も楽しみ、高校3年生から本格的な学習をスタートさせるという人もいるでしょう。

受験勉強に正解はありません。どんな勉強法を採択したのであれ、最終的に合格という目標を達成できれば良いのです。そして願わくば、現役合格を果たしたいものですよね。本カテゴリには、以下のページを設けました。

勉強方法 メリット デメリット
予備校・集団塾
  • 指導内容が大学受験に特化している
  • 自習室をはじめとした学習環境が整っている
  • 受験に関して蓄積されている情報が多い
  • ある程度の学力ごとでの指導となり、細やかな指導は期待薄
  • 一度、理解できない箇所ができると、授業内容から取り残される
  • 通うことに満足してしまう
少人数クラス
(10人程度)
  • 優秀な講師が多い
  • サポート体制が整っている
  • 講師の目が生徒一人ひとりに届きやすい
  • 競争意識が生まれにくい
  • 生徒と講師の相性が合わない可能性がある
  • 費用設定が高め
個別指導
  • 個々の生徒に合わせた学習プログラムが組まれる
  • サポート体制が整っている
  • 受験に関して蓄積されている情報が多い
  • 競争意識が生まれにくい
  • 講師のレベルがマチマチ
  • 生徒と講師の相性が合わない可能性がある
映像授業
  • 内容のクオリティが高い
  • 同じ内容の授業を何度でも繰り返し見られる
  • 受講時間の制限が少ない
  • 質問できない
  • 自己管理が難しい
  • 競争意識が生まれにくい
家庭教師
  • 徹底したマンツーマン指導が受けられる
  • 精神的なサポートが受けられる
  • 時間の融通が利く
  • 講師への依存度が高くなる
  • 生徒と講師の相性が合わない可能性がある
  • 競争意識が生まれにくい
通信教育
  • プロの添削指導が受けられる
  • 自分のペースで勉強できる
  • 学習内容に地域差が出ない
  • 質問やテスト答案のフィードバックに時間がかかる
  • 自己管理が難しい
  • 志望校に特化した受験対策が難しい
独学
  • 必要な費用は参考書代程度
  • 自分のペースで勉強できる
  • 好きな教材・参考書を選べる
  • 自己管理が難しい
  • 質問できない
  • 理解レベルを客観的に把握しづらい

ぜひ各ページの内容に目を通してください。そしてより良い受験勉強のために、情報を役立ててくださいね。

TOPへ戻る