少人数クラス(10人程度)

このページでは、少人数指導体制で臨む大学受験のメリット・デメリットについて調査しています。

少人数指導体制で臨む大学受験のメリット・デメリット

高校卒業後の進路を大学進学に定め、受験勉強を進める際、少人数指導を採用している塾に通うという方法があります。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

■双方向の活発な授業…
講師の目が生徒に届きやすく、また生徒も積極的に発言しやすい環境のため、イキイキと活発な授業が実現。内容が身に入りやすい。

■細やかなサポート体制…
少人数指導の塾は講師が担任の役割を兼任していることが多く、進路相談や心理ケア、そして不明点の質問などにも細やかに対応してくれる。

■優秀な講師が多い…
少人数指導の塾は、大手などで経験を積んだ講師が独立開業しているケースが多く、大学受験に関するノウハウがある。また人望に厚い塾長の元には、優秀な講師が集まりやすい。

【デメリット】

■生徒や家庭との相性に個人差が…
大手予備校や塾などに比べ、講師やスタッフの総数が少ないため、生徒との相性が合わないと効果が半減する。また家庭との連絡が緊密な分、サービス内容への不満が表面化しやすい。

■費用はそれなりにかかる…
指導やサポート体制が細やかな分、費用も高め。特別授業などで追加費用が徴収されることも多い。

■競争意識がそれほど高くない…
少人数指導塾は生徒の数が少ないため、ゆるやかな雰囲気。その分緊張感やライバル意識が芽生えにくいという側面がある。

絶対に現役合格したい人におすすめの学習方法・個別指導の詳細はこちら

少人数制指導が向く人とは

塾や予備校での講義は、ある程度の人数を集めたうえで実施されています。こうした環境に身を置くと集中力が途切れてしまいがちな生徒や、消極的になってしまう生徒にとっては、少人数制指導が大きな効果を発揮するでしょう。

とは言え近年は、個別指導を提供したうえで、豊富な蓄積データによる受験サポートを提供している塾もあります。同じ少人数なら、思い切って個別指導塾を選ぶ方が、効果を得やすいのではないでしょうか。

絶対に現役合格するなら!大学受験におすすめの個別指導塾リスト
TOPへ戻る