映像授業

このページでは、映像授業を活用する大学受験勉強のメリット・デメリットについて調査しています。

映像授業を活用する大学受験勉強のメリット・デメリット

高校卒業後の進路を大学進学に定め、受験勉強を進める際、映像授業を提供する塾に通うという方法があります。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

■内容のクオリティが高い…
厳選された講師の授業を、予約や締め切りの心配なしに受講することができる。また費用も安く抑えられる。

■何度でも繰り返して見れる…
ライブの授業は、大人数の場合、わからないところが発生してもどんどん先に進んでしまう。でも映像授業なら、一時停止や巻き戻しも可能なため、自分のペースで勉強を進められる。

■好きな時に受講できる…
授業の開始や終了時間を気にする必要がないため、自分自身のペースで受講することが可能。

【デメリット】

■自己管理が難しい…
周囲の目がないため、集中力を失ってしまう可能性有。また受講もあくまで自己責任となってくるため、「サボり」が生じやすい。

■質問ができない…
苦手分野を克服するために必要な客観的な意見を得にくいため、不明点を保留してしまいがち。視聴室の周囲に質問可能なスタッフがいたとしても、講師並みの対応力が期待できない。

■環境要因…
映像授業を提供する視聴室(ブース)の環境に左右されやすい。環境が悪いと、授業に集中できない可能性も高まる。

大学受験対策におすすめ!映像授業を取り入れている個別指導塾をピックアップ!

映像授業が向く人とは

「大人数の授業が苦手」という人や、「親に経済的な負担をかけたくない」という人にとって、映像授業主体の予備校・塾への通学は、有効な選択肢となり得ます。

とは言え、目標達成に強い意志は必要不可欠。自主的に学習計画を立案し、遂行する積極性がなければ、途中で挫折してしまうでしょう。

注目したいのは、映像授業視聴を「予習」のように位置づけ、そのうえで講師と「内容を精査し合う場」を提供する塾。このような指導方針なら、上記のデメリットを克服できるため、高い学習効果が得られるはずです。安易に映像授業を選択するのではなく、塾そのものをよく吟味するようにしてください。

TOPへ戻る