家庭教師

このページでは、家庭教師と臨む大学受験のメリット・デメリットについて調査しています。

家庭教師と臨む大学受験のメリット・デメリット

高校卒業後の進路を大学進学に定め、受験勉強を進める際、家庭教師と二人三脚で目標達成を目指すという方法もあります。そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

【メリット】

■マンツーマン指導…
苦手分野の徹底指導や、得意分野の簡略化など、生徒の理解度に合わせて学習が進められるため、受験勉強を効率的に進められる。

■無駄な時間を省略できる…
塾や予備校などに必要な通学時間を省略できるため、より効率的な受験勉強が可能となる。また疑問点の浮上から解決までのタイムラグが、少なくて済む。

■精神的なサポートが得られる…
10代の若者にとって、勉強漬けの毎日はハード。家族以外の第三者が精神面をサポートしてくれることにより、モチベーションが維持しやすくなる。

【デメリット】

■生徒との相性に個人差が…
本格的な受験勉強のパートナーとして家庭教師を選ぶ際は、プロの派遣サービスを利用することになるが、必ずしも生徒との相性が良いとは限らない。年度の途中で交代してもらうと、本来のメリットが感じにくくなってしまう。

■費用はそれなりにかかる…
家庭教師にもレベル差があり、費用は月額4万円~倍額までとさまざま。「より良い人材を」と望むほど費用は嵩み、年間の累計は予備校や塾と大差なくなってしまう。

■閉鎖的な学習に終始してしまう可能性も…
マンツーマン指導には、偏りが生じる可能性も有。また生徒が、自分自身を客観視するために有用な同級生も不在。

絶対に現役合格したい人におすすめの学習方法・個別指導の詳細はこちら

家庭教師が向く人とは

塾や予備校での講義は、ある程度の人数を集めたうえで実施されています。こうした環境に身を置くと集中力が途切れてしまいがちな生徒や、消極的になってしまう生徒にとっては、マンツーマン指導が大きな効果を発揮するでしょう。

とは言え近年は、個別指導を提供したうえで、豊富な蓄積データによる受験サポートを提供している塾もあります。頼りの綱がひとりになってしまう家庭教師より、個別指導塾を選ぶ方が、何かと安心かもしれません。

TOPへ戻る