HOME/ 大学入試の種類とその対策

大学入試の種類とその対策

このカテゴリでは、大学入試の種類と、その対策について情報をまとめています。

高校生にとって、卒業後の進路の第一候補に挙がるのは、やはり大学への進学となります。 できれば高校1年生の段階から志望校を定め、コツコツと準備を始めておきたいもの。志望が明確になっているほど、学習計画も立てやすいからです。

そして受験勉強が本格化する高校3年生になったら、いよいよ本番に向けてのスケジュール調整が視野に入ってくるわけですが、大学受験にもいくつかの種類があることは、前もって知っておくべきだと思います。本カテゴリには、以下のページを用意しました。

推薦入試
もし高校生活の学業や部活動の中で優秀な実績が残せている場合、推薦入試という道があります。この場合、学科試験はそれほど重視されなかったり、合格率はほぼ100%というケースも。日夜勉強漬けになっている受験生にとっては、とてもうらやましい待遇と言えるその内容についてリサーチしてみましたので、ぜひチェックしてみてください。
AO入試
推薦入試は最終的に高等学校長による「他薦」となりますが、自薦で臨む「AO入試」もあるのを、ご存知でしょうか。しかし、実際には不合格者も出るシビアな入試法のひとつですから、知識を深め、専門的な対策を練る必要はありそうです。その内容を調べていますので、お目通しください。
センター試験
国公立・私立を問わず、大学の一次試験として機能しているのが、センター試験です。その詳細や費用について、改めておさらいしているページですので、要注目です。
一般入試(前期・後期試験)
共通一次試験であるセンターを通過したのちに、各大学独自の試験として受験するのが、一般入試。内容は国公立/私立により微妙に異なります。その詳細をまとめていますので、参考にしてください。

ぜひ各ページの内容をお目通しください。そして大学受験成功のために、お役立てくださいね。

TOPへ戻る