HOME/ 大学入試の種類とその対策/ 一般入試(前期・後期試験)

一般入試(前期・後期試験)

このページでは、一般入試(前期・後期)について調べています。

一般入試(前期・後期)とは

センター試験は、大学入試の一次試験にあたります。こちらを通過したうえで、各志望大学別に開催される二次試験(=一般入試)へと臨むことになります。
その内容は国公立大学、私立大学で異なります。

【国公立大学の一般入試】

センター試験では5科目以上の受験を課していた国公立大学も、
一般入試の受験科目は、3科目程度。
入学を希望している学科に必要な、
専門性のある科目を受験することになるでしょう。
なお、センター試験と一般入試の得点のいずれを重視するかは、
大学により異なるようです。
また国公立大学の一般入試は、
各校で前期・後期の2回程度開催されています。
★前期…出願(1月下旬~2月上旬)→入試(2月下旬)→合格発表(3月上旬)
★後期…出願(1月下旬~2月上旬)→入試(3月上旬)→合格発表(3月下旬)

このため、日程をやり繰りすることで、
いくつかの国公立大学を受験することが可能となってきます。
しかし前期日程で合格して、入学手続きをしてしまうと、
後期日程で合格した大学へは入学できません。
また後期は合格者数も減少傾向にあるので、
第一志望は、前期日程で受験するようにしましょう。

【私立大学の一般入試】

私立大学の一般入試の受験科目は、センター試験と同じく3科目程度。
入学を希望している学科に必要な、
専門性のある科目を受験することになるでしょう。
中には2科目の受験のみを課している私大もあり、倍率が高まっています。
また全学部・学科が同一の問題を使って同じ日に試験を行う「全学部日程入試」や、
入試の地方開催を行う大学も。私大ならではの多彩さが魅力です。
また他大との日程重複を懸念し、
複数の中から都合の良い受験日を選べる大学もあります。

一般入試の効果的な対策とは

一般入試はセンター試験に比べ、各大学の特色が出やすいため、対策も専門的に行わなければなりません。独学で過去問題を解くだけでは、不安ですよね。

その点、塾や予備校は蓄積された過去のデータを元に、専門的な指導や学習計画立案のサポートを行ってくれます。特に人気の高い有名大学に関しては、早い時期から専門講義が開催されるので、年間を通して効果的な合格対策を身に着けることができます。ぜひ上手に活用してください。

絶対に現役合格するなら!大学受験におすすめの個別指導塾リスト
TOPへ戻る